奥羽大学文学部同窓会

トップページ同窓会の足あと役員のコラム執行部報告会則・各規定member's room

■ 同窓会室り災状況・寄付金のお願い
 
寄付金のお願い

 文学部同窓会本部は、文学部を卒業された約4,000名の会員(卒業生)の所在管理と予算管理を主な業務とし、ボランティアで参加している会員(役員)で現在も運営しています。
 活動拠点としまして、大学のご好意により、現在は大学内・薬学実習棟(旧進学棟)3階に一室をお借りし、会議場所として、物品置き場として使用させて頂いています。
 今回の地震災害により、この「文学部同窓会室」も大きな損害を被りました。特に、パソコン機器、書類ケース、内壁は、修理・買い替えにかなりの予算が必要と見込まれます。
 入会金・終身会費のみでまかなっております本会には、収入源はまったくなく、このままでは会そのものが存続不可能となってしまいます。そのため、今回是非とも会員の皆様に対し、本会へのご寄付をお願いできればと切実に願っています。お寄せ頂いた寄付金で、会員名簿の入ったパソコンの修理や備品の買換え、同窓会の維持運営に必要な資金を貯蓄したいと考えております。
 多くの会員の皆さんが東北地方にお住まいになられ、現在もなお大変な状況と思いますが、何口でも構いませんので、下記銀行口座へお願い頂けたら幸いです。
 どうか、4年間を過ごした学びやや郡山の地を思い出され、今後とも奥羽大学文学部同窓会の維持存続のため、全国・全世界でご活躍中の皆さんのご理解とご協力をお願い申し上げます。

文学部同窓会長 松尾 毅(一期英文科・福島県郡山市)

 
1口 \2,000円
振込先
  大東銀行 本部営業部  普通・口座番号1575012
  名義:奥羽大学文学部同窓会代表松尾毅
      オウウダイガクブンダクブドウソウカイダイヒョウマツオタケシ
  必ず、振り込み用紙の「摘要」欄に「ご本人お名前」の他に、いずれか2つを記載してください。
「卒業期」 「卒業学科」 「学籍番号」 「連絡先電話番号」
  集まりましたご寄付は、本HPでご紹介する予定です。
  寄付に関するお問い合わせは、必ずEメールにて… info@ohu-l.net までお願いします。
 
り災状況
 郡山市は震度6弱にみまわれました。その後もご存知の通り現在も余震が幾度もあり、その都度被害が拡大しています。奥羽大学も学園全体がり災し、現在急ピッチで校舎・各施設の復旧を進めています。
 私たち役員も後片付けの為数名大学に集まり、清掃活動を行いました。
 その時3月30日の校内外の様子を紹介します。
 

○ 文学部同窓会室・薬学実習棟
同窓会室は、以前は進学棟と呼ばれていた、立体駐車場北側の現在「薬学実習棟」の3階にあります。同窓会室の被害は、デスクトップパソコン1台、ノートPC2台、食器棚の瀬戸物は全て、 壁掛け時計、冷蔵庫、ガラス書類棚、などなど…一部破損・全損、使用不能が数多く出てしまいました。特に壁の亀裂・一部崩壊には手がつけられませんでした。
部屋近くのトイレは天井が落ち、至る所に亀裂がはいってしまいました。
 

写真をクリックで大きい写真

○ 大学
各施設では、亀裂はもちろん、かなりのガラスが割れているようでした。
新学期のため、復旧作業が進んでいました。旧文学部棟前には、がれきや撤去された廃材がまとめられていました。

写真をクリックで大きい写真

○ 大学付近
り災された建物に多く見られる風景だと思います。東日本全体にと思うと心が痛みます。